稲垣潤一

稲垣潤一のページを説明

新着記事一覧

稲垣潤一



稲垣潤一(55)が誰もリリースしていない、デュエット・アルバムの
カバーに挑戦!お相手の歌手はどんな女性達なのか!?

(以下引用)
歌手の稲垣潤一(55)がオトナのための究極のデュエット・アルバムを出す。
中森明菜や松浦亜弥ら女性アーティスト11人がレコード会社の壁を


越えて参加した「男と女〜TWO HEARTS TWO VOICES」で、11月19日に発売。
宴会シーズンに向けて、カラオケファン必聴だ。


稲垣といえば「ドラマティック・レイン」や「夏のクラクション」など
数々のヒット曲をもつシンガー・ソングライターだが、あえて、
業界初のデュエットによるカバーに挑戦する。


アルバムは、今年4月に死去した所属事務所「オーエンタープライズ」
の小野英雄社長が、生前からあたためていた企画で、稲垣にとっては
“恩返し”の意味もこめているようだ。

収録曲は、J-POPのスタンダードの中から「あの日に帰りたい」(荒井由実)、
「秋の気配」(オフコース)、「木綿のハンカチーフ」(太田裕美)、


「悲しみがとまらない」(杏里)など「セールス50万枚を超える大ヒット曲に
なった作品ばかりを厳選した」とユニバーサルミュージックの制作スタッフ。


稲垣とデュエットするのは、明菜や松浦のほか、小柳ゆき、
トワ・エ・モアの白鳥英美子、TRFのYU-KI、山本潤子、大貫妙子、
太田裕美ら個性的な歌姫らが集結。


「稲垣のキーに合わせて人選させていただいた」とレコーディング関係者。
アルバムには、カラオケ盤も付ける予定で、年末年始の宴会シーズンを


ターゲットに、「不景気な雰囲気を吹き飛ばすようなアルバムにしたい」
と販売担当者の鼻息も荒い。
(引用元:ZAKZAK芸能)




稲垣潤一といえばクリスマスソングの「クリスマスキャロルの頃には」
がヒットシングルとしては有名ですね。


今でも場所によっては、クリスマスシーズンになると曲が流れてくる
定番曲になりましたね。


シンガーソングライタの稲垣潤一がデュエットのしかもカバー曲に挑戦
するのですから驚きです。


最近では、デュエット曲ってあまりリリースされなくなりました。
しかも有名女性歌手ばかりであり、デュエット曲はヒット曲ばかりです。
どんなメロディになっているのか気になりますね。


年末を前に、カラオケにはもってこいのアルバムになるかもしれません。


カラオケでは、デュエットをする人は少なくなったような気が致します。
J-POPでデュエット曲が少ないのと、若い世代はデュエット曲を歌はなく
なりました。


デュエットをしたことありますでしょうか。
最初は恥ずかしくても盛り上がりますし楽しいですよね。


今回のデュエット・アルバムが年末に向けてカラオケの起爆剤となり
デュエット曲を歌う人が増えるといいですね。
(08/10/14)

geinoukai.bmpbanner2.gifにほんブログ村 芸能ブログへair_rank2.gif

ブログパーツ

Category 音楽

芸能スクープ エンタメブログの稲垣潤一のリンクについて

芸能スクープ エンタメブログの稲垣潤一のリンクについて
リンクを自由に設置して頂いて結構です。
宜しければ以下のタグをご使用下さい。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。