感染列島 アジア8カ国で公開決定

感染列島 アジア8カ国で公開決定のページを説明

新着記事一覧

感染列島 アジア8カ国で公開決定




妻夫木聡主演映画「感染列島」がアジア8カ国で
公開されることが決定。現実でも起こる可能性が
ある「ウイルス感染」をテーマにした物語。
感染列島」の見所とは?


(以下引用)
ウイルス感染を描いたパニック映画「感染列島」
(瀬々敬久監督)が17日、全国324スクリーンで


初日を迎え、アジア8か国・地域で公開される
ことが発表された。


主演の妻夫木聡(28)のアジアでの人気に加え、
実際に鳥インフルエンザが発生した中国など各国が
「起こり得る危機」ととらえているためという。


すでに米ハリウッドがリメークに乗り出した
同映画は、国内でも興収20億円を見込める
好スタートを切った。


パニック大作がアジアに“感染”する。


公開が決まったのは中国、香港、台湾、韓国、
タイ、シンガポール、マレーシア、インドネシア。


03年以降、タイや中国などアジア各国では
鳥インフルエンザが発生しており、


新型インフルエンザは各国で切迫した
危機ととらえられることから、今作で描かれる
ウイルスの感染爆発に大きな興味を示したという。


この日、東京・日比谷スカラ座で妻夫木や
檀れい(37)が舞台あいさつ。


ウイルス感染者の治療と感染経路の特定に
奔走する救命救急医を演じた妻夫木は
「ただのパニックムービーだったらやらなかった。


ウイルスもひとつの命で、命の共存という深い
テーマがある」と熱弁。


救命医の元恋人で世界保健機関(WHO)の
医師役の檀は「希望を信じて前に進むことは素晴らしい。


みなさんに明るい未来がありますように」と話した。
(引用元:報知スポーツ芸能)


「感染列島」オリジナルサウンドトラック全29曲



人気俳優妻夫木聡の最新作映画「感染列島」が
17日より公開されました。


新型ウイルスによる感染爆発。この感染を止める
ことができるのか。


未知なるウイルスと松岡剛(妻夫木聡)の闘い。


松岡剛役(妻夫木聡)と元恋人の小林栄子(檀れい)との
絡みも気になるところです。


妻夫木聡最新作映画「感染列島



予告編


予告編を観ただけでも鬼気迫るものがあります。
ウィルスパニックで人はどのような行動をとる
のか。


大切な人を守ることができるのか。


現実でも起こる可能性がある「ウイルス感染」。
現実には起きてほしくないですが、アジア8カ国でも


公開が決定するということは、それだけ現在
「ウイルス」に関心の高い国が多いということです。


未知の新型ウイルスとの闘いを描いた
妻夫木聡主演映画「感染列島」注目ですね。
(09/1/18)

【芸能ニュース】
●あいのりが打ち切り!3月で放送終了へ
芸能ランキング3位 「ズバリ!裏芸能さん」

●大沢あかね 芸能界を引退か!?「結婚して主婦になる」
芸能ランキング7位「Stevieの注目!ニュース芸能さん」

ブログパーツ

Category 映画

芸能スクープ エンタメブログの感染列島 アジア8カ国で公開決定のリンクについて

芸能スクープ エンタメブログの感染列島 アジア8カ国で公開決定のリンクについて
リンクを自由に設置して頂いて結構です。
宜しければ以下のタグをご使用下さい。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。